劇屋いっぷく堂



公演記録
--Records


チラシをクリックすると公演写真が見れます
「あなたと住むなら〜東京タワー編・スカイツリー編〜」を追加!
「デザート出しちゃってもいいですか!?」&「課長、コクっちゃえば?」&「SO SHOW 天国 〜パパは訴訟中〜」
「カブ太が嘘をついた」&「走れ!クラシックタイム」&「ホーム・ドラマ」&「つっこみ御無用!」&「アインザッツ」
「タイム・カプセル」&「クラッシュド・ザ・ウェディング」&「西南・角部屋 空室あり。」&「ドーンと錦の花が咲く」


『アインザッツ』

あらすじ:
家族が住む「家」を舞台として、それぞれの家族から紡ぎだされる「家を建てる話」と「家を壊す話」。
「東京タワー編」と「スカイツリー編」それぞれ約1時間の作品を一挙連続上演!
異なる時代・異なる側面から、2つの作品が「本当の家族」という存在を描き出す。
「最愛の家族と住む家」・・・あなたならどんな家に住みたいですか?

『あなたと住むなら〜東京タワー編・スカイツリー編〜』
2011年5月31日火曜日〜6月5日日曜日
ポケットスクエア・テアトルBONBON

作・演出:落合隆
出演(東京タワー編):森谷あずさ(スターダス・21)・吉河龍(ANCHOR)・松村マサル子・山本ともだち(D→Style)・萩田博之(la cocca)・ 工藤さや・成田親子・柴田久美子・宮迫奈緒美・山田直人(ALBA) ・横山和海(M/E)
出演(スカイツリー編):山本あんり・酒井謙輔(グリッドロックぺペロンチーノ)・吉田さとし・仁瓶あすか・ 杜泰隆(風凛華斬)・めつぎさとみ・由利尚子(芸英)・内田京・日向翔梧(ALBA)・杉江未来(ALBA)
舞台監督:山内健太郎
舞台美術:吾郷順治(A.G.O)
照明:樋口かほる(六工房)
照明オペ:唐沢千弥子(六工房) 音響:TAISHI
大道具:(株)ステージファクトリー
当日受付:早川あゆ(J-Stage Navi)とHip Up Sisters
ビデオ撮影:co:jin
宣伝美術:くがちえ
WEB協力 :リビウス・デザイン・ワークス
制作協力:J-Stage Navi
制作:うぐいす企画
制作補助:前田智信・本田一彦・広瀬綾子

このページのトップに戻る
『アインザッツ』

あらすじ:
『briller bonheur』―「幸せを輝かせる」。そこは地元で美味しいと評判のフレンチレストラン。
本日の予約は、その店の名にぴったりなお客様だ。結婚を控えたカップルが兄妹姉妹揃ってのご会食。 メインディッシュも食べ終わり、後はお楽しみのデザートを待つばかり。 ささやかな幸せに包まれながら、楽しく会話も弾んで・・・いたのに!
遅れてやってきたお客様を迎えたとたん、なんだかバトルな雰囲気漂ってるんですけど!
結婚間近のカップルが別れ話を繰り広げ、離婚間近のカップルが離婚はしないと高らかに宣言。店員はデザート出せずに右往左往。
彼等はそれぞれのお口に合った幸せを見つけられるのか?
お客様、そろそろ閉店のお時間ですが・・・?

『デザート出しちゃってもいいですか!?』
2010年10月7日木曜日〜10月11日月曜日
ポケットスクエア・劇場MOMO

作・演出:落合隆
出演:広瀬綾子(劇屋いっぷく堂)・中川雄介・山口洋哉・山本あんり・酒井謙輔(グリッドロックペペロンチーノ)・ 森谷あずさ(スターダス・21)・吉田さとし・さとう波子・高野有実子・萩田博之(la cocca)・ 工藤さや・めつぎさとみ・土方健太郎(宴劇団ホームカミング)
舞台監督:山内健太郎
舞台美術:吾郷順治(A.G.O)
照明:池上英輝
音響:TAISHI
大道具:(株)ステージファクトリー
当日受付:J-Stage NaviとHip Up Sisters
ビデオ撮影:古谷美里
宣伝美術:くがちえ
WEB協力 :リビウス・デザイン・ワークス
制作協力:早川あゆ(J-Stage Navi)
制作:うぐいす企画・J-Stage Navi
制作補助:前田智信・本田一彦

このページのトップに戻る
『アインザッツ』

あらすじ:
安全で美味しい野菜の通販会社「やおふく青果」のお荷物部署である『電話対応課』。ネット通販で急成長を遂げたやおふく青果において、ごく僅かな電話注文をひたすら待ち続ける事が彼等の仕事だった。しかし、日がな暇を持て余す彼等が、たまたま会社の不正を発見してしまった。
彼等は告発するのか!否か!
彼等はもろもろコクっちゃえるのか?
課長、そろそろ勝負しちゃいましょうよ!

『課長、コクっちゃえば?』
2010年5月18日火曜日〜5月23日日曜日
新宿サンモールスタジオ

作・演出:落合隆
出演:前田智信(劇屋いっぷく堂)・広瀬綾子(劇屋いっぷく堂)・山口洋哉・山本あんり・酒井謙輔(グリッドロックペペロンチーノ)・大曽根徹・ 森谷あずさ(スターダス・21)・吉田さとし・広野そのみ(ALBA)・さとう波子・山本ともだち(D→Style)・仁瓶あすか・成田親子・ 土屋兼久(劇団6番シード)・萩田博之(la cocca)・ばんびあおき(スペース☆シャンション)
照明:池上英輝(六工房)
音響:jamp
舞台美術:吾郷順治(A.G.O)
舞台監督:山内健太郎
大道具:(株)ステージファクトリー
当日受付:J-Stage NaviとHip Up Sisters
ビデオ撮影:co:jin(曾根久光・河野まさひろ)
写真撮影:加藤和也
宣伝美術:くがちえ
WEB協力 :リビウス・デザイン・ワークス
制作協力:早川あゆ(J-Stage Navi)
制作:うぐいす企画・J-Stage Navi
制作補助:本田一彦

このページのトップに戻る
『アインザッツ』

あらすじ:
離婚調停中の依頼人・代田友哉が警察に捕まった。弁護士・柏木浩一が聞いた友哉のとんでもない容疑とは・・・?
その頃、検事・福島慶子は友哉の取り調べに密やかな悦びを抑えきれずにいた。「なかなか面白くなってきたじゃないの。」
1人の冴えない男が起こしたハタ迷惑な騒動を軸に『ひまわり(弁護士)Side』と『きく(検事)Side』、2つのSideで事件を描く。劇屋いっぷく堂がお贈りする「訴訟もの」ライトコメディ2本立て!

『SO SHOW 天国 〜パパは訴訟中〜』
2009年11月21日土曜日〜11月29日日曜日
POCKET SQUARE 劇場HOPE

作・演出:落合隆
出演(ひまわりSide):
前田智信(劇屋いっぷく堂)・中川雄介・山本あんり・森谷あずさ(スターダス・21)・さとう波子・ 吉河龍(クレイヅ・プロ)・高橋洋介・石田洋介(10・Quatre)駒形夏月(イー・フラット)・松本雄介
出演(きくSide):
広瀬綾子(劇屋いっぷく堂)・山口洋哉・酒井謙輔(グリッドロックペペロンチーノ)・杜泰隆(風凛華斬)・大曽根徹・ 松村マサル子・富沢たかし(ALBA)・土屋兼久(劇団6番シード)・成田親子・工藤さや
照明:池上英輝(六工房)
音響:高居長広
舞台美術:吾郷順治(A.G.O)
舞台監督:山内健太郎
大道具:(株)ステージファクトリー
当日受付:J-Stage NaviとHip Up Sisters
ビデオ撮影:co:jin(曾根久光・河野まさひろ)
宣伝美術:くがちえ
WEB協力 :リビウス・デザイン・ワークス
制作協力:早川あゆ(J-Stage Navi)
制作:うぐいす企画・J-Stage Navi
制作補助:本田一彦

このページのトップに戻る
『アインザッツ』

あらすじ:
かつての賑わいを取り戻す為に日の出商店街が最後に託した望み。 それは人気漫画「カブ太くん」のキャラクターの街として生まれ変わる事だった。
しかし記念すべきセレモニー当日、一人のペンを折った漫画家が記念式典にやってくる。
彼の目的は「カブ太くん」をこの世から消してしまう事だった・・・。

嘘が嘘を呼び込み連鎖するオリジナルライトコメディ!

『カブ太が嘘をついた』
2009年2月18日水曜日〜2月22日日曜日
新宿 シアターモリエール

作・演出:落合隆
出演:前田智信(劇屋いっぷく堂)・広瀬綾子(劇屋いっぷく堂)・中川雄介・山口洋哉・山本あんり・ 酒井謙輔(グリッドロックペペロンチーノ)・森谷あずさ(スターダス・21)・吉田さとし・逢澤純世・ さとう波子・吉河龍(クレイズ)・森泰隆(風凛華斬)・酒井孝祥・川瀬ゆう子・山本ともひろ(D→Style)・高木直子
照明:池上英輝(六工房)
音響:高居長広
音響助手:塚田浩太
舞台美術:吾郷順治(A.G.O)
舞台監督:鈴木年男
大道具:(株)ステージファクトリー
当日受付:J-Stage NaviとHip Up Sisters
写真撮影:加藤和也
ビデオ撮影:co:jin(曾根久光・河野まさひろ)
宣伝美術:くがちえ
WEB協力 :リビウス・デザイン・ワークス
制作協力:早川あゆ(J-Stage Navi)
制作:うぐいす企画・J-Stage Navi
制作補助:本田一彦

このページのトップに戻る
『アインザッツ』

あらすじ:彼女の名前はクラシックタイム。3才牝馬の競走馬。
今日は彼女にとってとても大事な日だ。夢にまで見たG1レース。ここで失敗は許されない。しかし思いが強すぎて空回りしている為に、うまく体が動かない。
そしてここにもう一人、思いが空回りしている男がいた。男の名前は藤原英二。今、彼がやれる事は、クラシックタイムに全てを賭ける事だけだった。
自分の思いを賭ける大博打。今、高らかにファンファーレが鳴り響く。

『走れ!クラシックタイム』
2008年10月16日木曜日〜10月19日日曜日
新宿 シアターモリエール

作・演出:落合隆
出演:広瀬綾子・中川雄介・山本あんり・酒井謙輔(グリッドロックペペロンチーノ)・逢澤純世・高橋洋介・ 松村マサル子・ひろのそのみ・樋口明代・森谷あずさ(スターダス・21)・浜野隆之(下井草演劇研究舎)・ 大平美由紀(無頼組合)・吉河龍(クレイズ)・高野ちん太郎(らちゃかん)・嶋村高志(E♭)
声の出演:富沢たかし・新妻明美
照明監修:池上英輝(六工房)
照明プラン:樋口かほる(六工房)
照明オペレーター:土門崇(六工房)
音響:高居長広
舞台美術:吾郷順治(A.G.O)
舞台監督:鈴木年男
大道具:(株)ステージファクトリー
当日受付:早川あゆ(J-Stage Navi)/Hip Up Sisters
宣伝美術:くがちえ
WEB協力 :リビウス・デザイン・ワークス
制作:うぐいす企画 ・前田智信・ほんだかずひこ・J-Stage Navi

このページのトップに戻る
『アインザッツ』

あらすじ:父・岡田幸一のお通夜。しめやかに営まれるはずのお通夜だが、今宵の岡田家はそれどころではなかった。 故人を偲ぶ大広間のすぐ近くで、3兄妹が3兄妹とも離婚騒動を巻き起こしていたのだ。
逃げる長男、威張る長女、慌て驚きごまかす次男。
やがて彼等の決着は意外な方向へと発展していく。

『ホーム・ドラマ』
2008年5月22日木曜日〜5月25日日曜日
新宿 シアターモリエール

作・演出:落合隆
出演:広瀬綾子・樋口明代・中川雄介・大曽根徹・山口洋哉・酒井謙輔(グリッドロックペペロンチーノ)・森谷あずさ(スターダス・21)・ 広野そのみ・緑川グリ・吉田さとし・浜野隆之・逢澤純世・高橋洋介
照明プラン:池上英輝(六工房)
照明オペレーター:池上英輝(六工房)
音響:高居長広
舞台美術:吾郷順治(A.G.O)
舞台美術助手:久松史乃(A.G.O)
舞台監督:鈴木年男
大道具:(株)ステージファクトリー
当日受付:早川あゆ(J-Stage Navi)/Hip Up Sisters
宣伝美術:くがちえ
WEB協力 :リビウス・デザイン・ワークス
制作:うぐいす企画 ・前田智信・ほんだかずひこ・J-Stage Navi

このページのトップに戻る
『アインザッツ』

あらすじ:とある下町にある「洋食・かたおか」。平凡で平和なこのお店だが、今日はなんだか大騒ぎの予感。 5年ぶりに帰ってくるどら息子の取材と、町のお店紹介の生放送がダブル・ブッキングしてしまったのだ。
突然の取材拒否に慌てる大手テレビ局。迫るタイム・リミットに焦るCATV局。そしてどら息子からの突然のプレゼント(?)にお父さんとお母さんがとった行動とは?

劇屋いっぷく堂presents劇屋まんぷく堂
『つっこみ御無用!』
2008年1月23日水曜日〜1月27日日曜日
新宿 サンモールスタジオ

作・演出:落合隆
出演:広瀬綾子・中川雄介・山本あんり・今里真・広野そのみ・吉田さとし・大高雄一郎・逢澤純世・富沢たかし・松村マサル子
照明プラン:池上英輝 (六工房)
照明オペレーター:樋口かほる(六工房)
音響:jamp
舞台美術:吾郷順治 (A.G.O)
舞台美術助手:久松史乃
舞台監督:鈴木年男
大道具:(株)ステージファクトリー
当日受付:Hip Up Sisters
宣伝美術:くがちえ
WEB協力 :リビウス・デザイン・ワークス
制作:うぐいす企画

このページのトップに戻る
『アインザッツ』

あらすじ:愛する妻が緩和ケア病院に入院した。そこで妻が最後に望んだ事とは?
緩和ケア病院を舞台として、人の生命の大切さ、そしてどのような生き方をしていく事が幸せかを劇屋いっぷく堂ならではの切り口で表現した意欲作。

『アインザッツ』
2007年9月14日金曜日〜9月16日日曜日
新宿 シアターモリエール

作・演出:落合隆
出演:前田智信・広瀬綾子・ほんだかずひこ・樋口明代・緑川グリ・中川雄介・大曽根徹・細谷正敏(劇団デモカ)・黄々野エチカ(ビビ)・名賀谷純子・藤田信・山口洋哉・酒井謙輔(グリッドロックペペロンチーノ)・森谷あずさ((有)スターダス・21)・吉田さとし・山岸里江(WHATCOLOR)
照明プラン:池上英輝 (六工房)
照明オペレーター:樋口かほる(六工房)
音響:高居長広
舞台美術:吾郷順治 (A.G.O)
舞台監督:鈴木年男
大道具:(株)ステージファクトリー
振付:のん
編曲:山本清香
手話指導:新妻明美
クラリネット指導:草沢友里
当日受付:Hip Up Sisters
宣伝美術:くがちえ
WEB協力 :リビウス・デザイン・ワークス
制作:うぐいす企画

このページのトップに戻る
『タイム・カプセル』

あらすじ:20年ぶりに再会した中学校の同級生たち。再会に喜ぶみんなだが、実はタイムカプセルにある秘密を隠していた。果たしてタイムカプセルは開けられるのか?そのとき彼らのとった行動とは?

『タイム・カプセル』
2006年11月10日金曜日〜11月19日日曜日
新宿 サンモールスタジオ

作・演出:落合隆
出演:吉野広一・広瀬綾子・樋口明代・中川雄介・大曽根徹・安倍美紀子・文人・畠山あかね・高野ちん太郎(らちゃかん)・世田谷かっぱ(劇団かっぱのおやど)・名賀谷純子・山口洋哉・山本あんり・柴山直樹・酒井謙輔(グリッドロックペペロンチーノ)・前田瑠美(ラ・プラージュ)
照明プラン:池上英輝 (六工房)
照明オペレーター:小田つばさ(六工房)
音響:jamp
舞台美術:吾郷順治 (A.G.O)
舞台監督:上村利幸
大道具:(株)ステージファクトリー
当日受付:早川あゆとHip Up Sisters(稲葉いづみ/新妻明美/福島美穂/前田わこ)
宣伝美術:くがちえ
WEB協力 :リビウス・デザイン・ワークス
制作:うぐいす企画 /前田智信/本田一彦
プロデューサー:佐山泰三 (サンモールスタジオ)

このページのトップに戻る
『クラシュド・ザ・ウェディング』

あらすじ:鷲尾家・織田家の結婚式が始まる2時間前。控え室はてんやわんやの大騒ぎ!新郎・健一と新婦・美紀は無事に結婚式を挙げる事が出来るのか?いっぷく堂がお送りしたシチュエーションコメディの決定版。

『クラッシュド・ザ・ウェディング』
2006年7月7日金曜日〜7月9日日曜日
新宿 シアターモリエール

作・演出:落合隆
出演:前田智信・吉野広一・広瀬綾子・樋口明代・中川雄介・大曽根徹・文人・畠山あかね・名賀谷純子・鈴木かほり・藤田信・松村マサル子・草沢友里・山口洋哉 ・山本あんり・石田洋介(Flash Up)
照明:池上英輝 (六工房)
音響:葵能人(ノアノオモチャバコ)
舞台美術:吾郷順治 (A.G.O)
舞台監督:米野直樹 (舞台裏方集団米野組)
当日受付:早川あゆとHip Up Sisters
宣伝美術:くがちえ
WEB協力 :リビウス・デザイン・ワークス
制作:うぐいす企画 /本田一彦
制作補助:徳永哲也
協力:佐山泰三 (サンモールスタジオ) /劇団中野甲子園/菊池信次

このページのトップに戻る
『西南・角部屋 空室あり。』

あらすじ: 『メゾン・ド・サンライズ』という名前だけは立派なボロアパートに暮らす、駄目な面々。そんな住人たちを見守る管理人。彼らは果たしてこのアパートから巣立って行く事が出来るのか?人と人のふれあいを描いたハートフルコメディ。

『西南・角部屋 空室あり。』
2005年11月9日水曜日〜11月20日日曜日
サンモールスタジオ (サンモールスタジオ 提携公演)

作・演出:落合隆
出演 : 吉野広一・広瀬綾子・樋口明代・緑川グリ・中川雄介・
大曽根徹・海東和貴・文人・畠山あかね・細谷正敏・鈴木かほり・
駒形夏月・浜野隆之・嶋村高志・藤田信・徳永哲也・さとう波子
照明:六工房
音響:jamp
舞台美術:吾郷順治(A.G.O(アーティスティック・グローバル・オーガニゼーション))
舞台監督:米野直樹(舞台裏方集団 米野組)
宣伝美術:くがちえ
web協力:リビウス・デザイン・ワークス
プロデューサー:佐山泰三(サンモールスタジオ)
制作:うぐいす企画/前田智信/本田一彦
協力:小林なぎさ/早川あゆ(Ayutactics)/常盤真由美(らちゃかん)
このページのトップに戻る
『ドーンと錦の花が咲く』

あらすじ: 伝統を守り続ける花火師・錦次郎は、昔自分が起こした事故により、大きな花火を作る事が出来ずにいた。再び錦次郎に大きな花火を作って欲しいと願う弟子たちや町内会の面々。果たして錦次郎は再び大輪の花を咲かせる事が出来るのか?

『ドーンと錦の花が咲く』
2005年6月9日木曜日〜6月12日日曜日
萬スタジオ

作・演出:落合隆
出演:前田智信・吉野広一・ほんだかずひこ・広瀬綾子・中川雄介・
大曽根徹・海東和貴・望月洋和・文人・畠山あかね・細谷正敏・
名賀谷純子・水森結子・Bill Robbin (劇団突スタイル)・
高野ちん太郎 (らちゃかん)
照明:池上英輝 (六工房)
音響:青蔭佳代 (音スタ)
舞台美術:吾郷順治 (A.G.O)
舞台監督:米野直樹 (舞台裏方集団米野組)
宣伝美術:くがちえ
WEB協力 :リビウス・デザイン・ワークス
プロデューサー:佐山泰三 (サンモールスタジオ)
制作:うぐいす企画
協力:らちゃかん/樋口明代/高野有実子
このページのトップに戻る
『marriage pink』

あらすじ:
4姉妹の3女は結婚後、実家で両親と同居中。ここ数日間は旦那と喧嘩した長女が転がり込んできて、長居の様子を見せている。
そんなある日、末っ子が彼氏を実家に連れて来ることに!大イベントのこの日に、3人の姉が実家に集結。そして姉達の旦那陣もひとり二人と集まって来て...。
女4人それぞれの結婚観と、3人の旦那+1人の彼氏のまじめな思いが珍騒動を引き起こす。
いっぷく堂がお贈りした初の番外公演はアメリカンコミック仕立てのホームコメディ。


劇屋いっぷく堂 PRESENTS  劇屋まんぷく堂公演
『marriage pink』
2005年2月10日木曜日〜2月13日日曜日
新宿pamplemousse

作・演出:落合隆
出演:樋口明代(トリケラトプス)・緑川グリ・高野有実子(月夜果実店)・安倍美紀子・前田智信・吉野広一・ 宇都宮功(utunomiya FIND OUT BOX)・海東和貴・藤田典之・細谷正敏
照明:加藤千里
音響 :jamp
制作:うぐいす企画
宣伝美術:くがちえ
web制作:リビウス・デザイン・ワークス
協力:演劇Group安心宣言・宮内わこ・畠山あかね
このページのトップに戻る
『春日部B.B.』

あらすじ:
町工場を営む父親が病に倒れた。後を継ぐことを嫌がっていた息子はちょっと複雑な想い。
早期回復を願い、父の大好きな音楽を演奏しようと一念発起。ビッグバンドのメンバーを募ったら、集まってきたのは陽気で冴えない奴らと多様な楽器、そしてクールなボーカル。目指したB.B.(ビッグバンド)へ辿り着けるのか?それとも道は遠のき、B.B.(B級バンド)となるのか?
音楽は心を繋ぐ。
2004年秋、いっぷく堂がお贈りしたソウルフルな作品。

『春日部B.B.』
2004年10月20日水曜日〜10月26日火曜日
サンモールスタジオ
(サンモールスタジオ 提携公演)

作・演出:落合隆
出演:吉野広一・ほんだかずひこ・広瀬綾子・樋口明代(トリケラトプス)・緑川グリ・中川雄介・大曽根徹・海東和貴・菊池信次・仁瓶あすか・志田さやか・望月洋和・文人・世田谷かっぱ(劇団かっぱのおやど)・畠山あかね
演出助手:安倍美紀子
照明:六工房
音響:jamp
舞台美術:吾郷順治(A.G.O(アーティスティック・グローバル・オーガニゼーション))
舞台監督:宮脇良太
編曲:柴田摂子
宣伝美術:くがちえ
プロデューサー:佐山泰三(サンモールスタジオ)
制作:うぐいす企画
協力:ジャングルシステム・早川あゆ(Ayutactics)・高野有実子(月夜果実店)
このページのトップに戻る
『チョコっとカフェで待ってて』

あらすじ:
今日も喫茶店に集う人々。開店と共にやってくる常連客は求職中。初々しいカップルやサラリーマン、休憩にやってくる近所の美容師などなど。一杯のコーヒーの味も人によって苦かったり、甘かったり。懐かしかったり、嬉しかったり、悔しかったり、悲しかったり、ホッとさせたり。
身近に起きているような小さな事件をいっぷく堂風にドリップしたハートウォーミングストーリー。

『チョコっとカフェで待ってて』
2004年6月18日金曜日〜6月20日日曜日
新宿シアターモリエール

作・演出:落合隆
出演:前田智信・吉野広一・広瀬綾子・ほんだかずひこ・樋口明代(トリケラトプス)・緑川グリ・中川雄介・大曽根徹・安倍美紀子・堀本裕紀・高野有実子(月夜果実店)・海東和貴・三村よしひろ・山下沙代
照明:イマジング
音響:イマジング
舞台美術:吾郷順治(A.G.O(アーティスティック・グローバル・オーガニゼーション))
舞台監督:宮脇良太
宣伝美術:くがちえ
プロデューサー:佐山泰三(サンモールスタジオ)
制作:うぐいす企画・早川あゆ(香魚拓)
このページのトップに戻る
『知ってか知らずか万歳三唱』

あらすじ:
村人達の志気を高める為にも数年ぶりに復活させたいと準備を進める鳳来祭り。村に残された数少ない男達の視線は村一番のマドンナに注がれる。誰が彼女を口説くのか。
マドンナの心を射止めたのは意外な男だった。果敢なアタックが実を結んだのか?実は、彼女にはある秘密が...。なぜ彼女はこの男を選んだのか。そして彼女の秘密とは??
舞台は終戦間近のとある村。
いっぷく堂初のダンスシーンが展開された、悲しくもおかしい恋愛ストーリー。

『知ってか知らずか万歳三唱』
2003年11月13日木曜日〜11月16日日曜日
しもきた空間リバティ

作・演出:落合隆
出演:前田智信・吉野広一・広瀬綾子・ほんだかずひこ・樋口明代(トリケラトプス)・緑川グリ・中川雄介・大曽根徹・宮内わこ・安倍美紀子・堀本裕紀・井川裕人(演劇サークルサザンクロス)・高野有実子(月夜果実店)・高野ちん太郎(らちゃかん)
照明:イマジング
音響:jamp
音楽協力:林泰伸
振付:大曽根典子
振付助手:小峰良枝
宣伝美術:くがちえ
制作:うぐいす企画
このページのトップに戻る
『夢の中からこんにちわ』

あらすじ:
周囲の人々と楽しく暮らす便利屋の主人の最近の悩みは、 夜毎夢まくらに現れるなぞの少年。彼に「人殺し」と言われ続ける便利屋の主人に心当たりはない。一体自分は何をしたというのか。
少年の正体が過去の自分だったことに気づいた便利屋の主人が思い起こしたこととは...。
いっぷく堂がお送りした、SFタッチのストーリー。
池袋シアターグリーンフェスティバル参加作品。

『夢の中からこんにちわ』
2003年5月22日木曜日〜5月27日火曜日
池袋シアターグリーン
(シアターグリーンフェスティバル vol.55 参加作品)

作・演出 :落合隆
出演 :前田智信・広瀬綾子・ほんだかずひこ・中川雄介・大曽根徹・宮内わこ・安倍美紀子(東京天然デザート)・緑川グリ・大西良和・早川あゆ(香魚拓)・宇都宮功・中野絵理子・土橋健太(青山サージェントリーウィープス)
照  明 :イマジング
音  響 :jamp
舞台監督 :落合隆
衣  装 :渡辺聡子
音  楽 :安部雄大
宣伝美術 :くがちえ
制  作 :うぐいす企画・井川裕人
このページのトップに戻る
『正しい箸のつかい方』 あらすじ:
結婚前夜、学生時代の演劇サークルの仲間が集まってくれた山奥の旅館で、花嫁の口から出た言葉は「結婚式をぶち壊してほしい」だった。
その理由に戸惑う仲間たちの前に現れたのは、かつて業界きっての売れっ子だった作家と謎の女。収集のつかない展開へ進んでいく最中に、話を救ったのは、花婿の一言だった。
かけがえのない愛とは。
第5回公演は、愛と笑いと寸劇のラブストーリー。
『正しい箸のつかい方』
2002年11月22日金曜日〜11月25日月曜日
新宿タイニィ・アリス

作・演出:落合隆
出演:前田智信・吉野広一・ほんだかずひこ・緑川グリ・中川雄介・大曽根徹・樋口明代(トリケラトプス)・椎名美羽・宮内わこ(劇団1mg)・横山勇次(劇団なつ)・さとう波子(劇団6番シード)・伊藤亜沙美・松村マサル子・安倍美紀子
照明:イマジング
音響:jamp
舞台美術:落合隆
宣伝美術:くがちえ
このページのトップに戻る
『七つ転んで、八つアタリ』 あらすじ:
とある事件をきっかけにしゃべれなくなった噺家、スランプに陥ったお笑いコンビ、売れないアイドル、リストラ目前のサラリーマン、対面恐怖症の青年。それぞれが抱える思いと無くしてしまった自信。彼らを見守る人々の思いは届くのか。
自分の好きな事に自信を持つことの大切さ。
第4回公演は、いっぷく堂初のラブシーン?が展開されたハートウォーミングストーリー。
『七つ転んで、八つアタリ』
2002年6月7日金曜日〜6月10日月曜日
新宿タイニィ・アリス

作・演出:落合隆
出演:前田智信・広瀬綾子・ほんだかずひこ・吉野広一・清水伸幸(釈迦力)・廣瀬佳子・北島広貴(劇団MCR)・江口薫・大曽根徹・伊藤直矢・片松珠美(パーティ3000W)
照明:イマジング
音響:イマジング
舞台監督:落合隆
宣伝美術:くがちえ
このページのトップに戻る
『さがしものって何でしたっけ?』 あらすじ:
古い雑居ビルにある探偵事務所。女探偵とおかまの助手がそれぞれに引き受けた依頼の仕事は、なかなか進展しないままに、やくざまで割り込んでくる始末。困難極まりかけた事態を解決に結びつけたのは、一人の記憶喪失の男だった。
忘れてしまっていた大切な生活の続きが、突然目の前で展開されたら、現在の生活とどちらを選びますか?
第3回公演はドタバタと涙のストーリー
『さがしものって何でしたっけ?』
2001年11月30日金曜日〜12月2日日曜日
江古田STORE HOUSE

作・演出:落合隆
出演:前田智信・広瀬綾子・樋口明代(トリケラトプス)・ほんだかずひこ・緑川グリ・やなだまもる(camp.03)・伊藤貴子(パラノイア・エイジ)・白石稔・成井一代・中川雄介((有)港企画事務所)・小坂理紗子
照明:黒田科子
音響:jamp
舞台監督:宮川政文
宣伝美術:くがちえ

このページのトップに戻る
『願い事ひとつ〜ハイツささの葉202〜』 あらすじ:
結婚5年目のとある夫婦。ライター稼業で忙しい日々を送る妻に、新しい仕事の依頼。
長年の願望だった小説の仕事を引き受ける妻と、すれ違いの生活を危惧する夫。
心配した友人夫婦の妻が彼らの部屋で見つけてしまったのは、もう一組の家族だった。
二人と同じ部屋に住むもう一組の家族の正体と彼らが二人に伝えたかったものとは、いったい...。
いっぷく堂第2回公演は、部屋の壁を自在にすり抜けることのできる家族が出現!
ちょっぴりSFタッチでお届けしたハートウォーミング作品。
『願い事ひとつ〜ハイツささの葉202〜』
2001年7月6日金曜日〜7月8日日曜日
新宿pamplemousse

作・演出:落合隆
出演:前田智信・広瀬綾子・樋口明代(トリケラトプス)・緑川グリ・宮川政文・科緒さんご(演劇ユニットα症候群)・真田絵里子・吉廣貫一(camp.03)・やなだまもる(camp.03)・田中よしき(camp.03)・白石稔
照明:黒田科子
音響:篠原章夫(シノハラステージング)
舞台監督:秋田和己(劇団俳小)
宣伝美術:くがちえ

このページのトップに戻る
『まんじゅうから父』 あらすじ:
老舗和菓子屋の大旦那が死んだ。
「饅頭万歳!」と言い残して。
残された家族は、彼の遺志を受け継ぎ和菓子コンクールへの出品を決め、作品作りを長男と古参職人へ託した。
そんなある日、しがないサラリーマンの娘婿が「私は今日からジョニーです」と宣言するや否や会社を辞職。和菓子コンクールへの出品を高らかに宣言し、未知の和菓子作りに挑む。
 ひとつの店から出品できる作品は一つだけ。
一つ屋根の下で巻き起こる大騒動。出品できるのはどちらの和菓子!?
記念すべき、いっぷく堂の旗揚げ公演! 梅が丘BOXに突如現れた8畳の和室と、嵐のような饅頭対決に場内騒然。
いっぷく堂の原点とも言うべきコメディ作品。
『まんじゅうから父』
2000年12月8日金曜日〜12月10日日曜日
梅ヶ丘BOX

作・演出:落合隆
出演:前田智信・吉野広一・広瀬綾子・樋口明代(トリケラトプス)・ ほんだかずひこ・緑川グリ・宮川政文
照明:黒田科子
音響:jamp
舞台監督:室秀和
宣伝美術:くがちえ

このページのトップに戻る



利用条件情報保護方針ページ先頭
Copyright(C) Gekiya Ippuku-do All Rights Reserved.